働き方改革について考える


現在、日本の労働環境は大きな変化を遂げつつあります。かつては新卒で入社した企業に生涯勤めるのが一般的で、朝の9時から夜の5時まで労働するという働き方が常識という時代もありました。
しかし、今では就業形態も多様性をみせるようになり、正社員としてだけでなく契約社員や派遣社員、アルバイト、パートタイマーといった非正規雇用、在宅ワーク、フリーランスなど従来の形態に縛られない様々な働き方が増えてきています。

一見すると就業形態の選択肢が多くなっているため労働者にとってメリットがあるように感じるものの、実際には賃金格差などの問題が存在し、かえって自由な生き方ができなくなっているといえるでしょう。
特に日本では労働人口の減少が著しく、本来であれば労働者の確保をしなければなりません。
そうであるにもかかわらず、安定した働き方である正社員というシステムが崩壊し、ワーキングプアやブラック企業などで労働者が疲弊していくのは社会にとって大きなデメリットです。
そういった問題を解消するため、政府は働き方改革を提唱しています。

この改革では、働く人がよりよい生活を送れる社会の実現が目標になっているといえるでしょう。
具体的には同じ仕事をしているにもかかわらず正規と非正規で賃金が異なる、ワークライフバランスを崩してしまうほどの長時間労働など、就業形態の多様化という変化に追いついていない社会の現状を改善することが求められます。
これによって働く時間が減少しても、自分の時間を持てるようになった労働者達は仕事がしやすくなり、生産性が向上すると考えられます。
こうした動きを受け取り組みを始めている企業は多いものの、やはり急激な改革は難しいといえるでしょう。

しかし、これから成長していくベンチャー企業であれば、長い歴史を持つ大手企業には出来なかった、より柔軟で積極的な対応ができるのではないか、新しいモデルを提示できるのではないかという期待が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA