フリーランスで採用されるために必要なこと。


フリーランスで働いている人がベンチャー企業に就職する場合には、採用人事(中途)の面接を受けて、自分の能力をアピールするなどして、採用される方法があります。ベンチャー企業の多くは、年齢や学歴よりもプログラミングやサーバー管理などの技術を重視して採用をするので、一般の大企業よりも採用される可能性が高くなります。

フリーランスで企業との契約を目指すなら・・

フリーランスで働いていると、時間を自由に使って仕事をしているので、社内のルールに従えるのかがポイントになります。会社の中で社会人として活動するためには、ある程度の時間の制限やお酒などの付き合い、会議などを経験しなければなりません。
様々な制約があることが苦痛になってフリーランスの生活を始めた人にとって、採用人事(中途)を経て、ベンチャー企業に入社するのは楽なことではありませんが、ベンチャー企業で技術を身につけて、将来的に自ら起業することもできます。

ベンチャー企業入社を目指すなら・・

フリーランスの人は多くの場合、自営業として働いていますが、仕事を受注する時の交渉から、完了するまでの一連の流れを全て自分で行ってきているので、企業に入社してもすぐに適応できる可能性があります。
社会生活に適応できることをアピールしたり、常識やあいさつマナーに関して何の問題もないことをアピールすることも大切です。
会社の規模に関わらず社会生活を送るということは、少なからず我慢を強いられる時があるので、それらの試練に忍耐強く耐えられることをしっかりと伝えることも有効です。

またフリーランスというと、プログラミングやライティングなどのような仕事が多いのですが、その技術力を相手に伝えるために、過去に作ったサイトを用意したり、プログラムを事前に製作してプレゼンすると就職できる可能性を高めることができます。
採用人事(中途)において、重要なのは会社での生活に適応できるかどうかということなので、その点をしっかりとアピールしてコミュニケーションスキルの高さを示す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA