フリーランスになる前に考えるべきこと


フリーランスとして独立するべきか迷っている場合、重要なのは「独立したほうが収入の条件が良くなるかどうか」という事を自己分析できているかどうかです。

 

例えば、サラリーマンとして通訳や翻訳の業務を行っている場合、企業に属して社員として通訳をすると固定給なので一般社員とあまりかわりません。

 

その点、フリーで活動すると日給単位で能力やクライアントの案件に応じて報酬が変わりますが、一般的な企業の固定給より直接依頼を受けた際の単価がとても大きい業種です。

 

つまり、自分がサラリーマンとして行っていた業務が、会社にとって利益幅の大きい業務だという事をあなたが知っている必要があります。

 

もし、利益幅の大きな業務をコンスタントに個人で受けることができるのであれば、独立したほうが収入は格段に上がります。

 

ようするに、フリーランスになろうと考えた場合、仕事の内容の得意分野をきちんと認識する事で、自己の専門性を高め、企業があなたに仕事を任せやすくなるのです。

 

フリーランスの仕事探しの基本としては、あなたの仕事の根幹となる業種に詳しいエージェントに登録しておくことが必要になります。

 

一旦的な派遣会社に登録してしまうと、せっかくのキャリアを活かせるかどうか、派遣先で働くかどうかの方が重要になってしまいますので、注意が必要です。

 

あなたがインターネット関連、WEB関連業務の業務に長く携わっていた場合も、当然ながらWEB関連業務を専門的に扱うエージェントに登録するようにしましょう。

 

特にインターネット関連の仕事の場合、資格を多く持っているかどうかより、その資格を活かした実務経験が豊富であるかという点が採用の重要なポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA