転職リスクの減らし方


突然ですがみなさんは
転職、独立を考える際に、どのような理由によってそれを実行に移すでしょうか?

一番は「給料(もしくは手取り)が増える」という理由があると思います。

現在のキャリアを活かして、収入の条件がより良い企業があるから、その企業に再就職するという考えです。

独立希望の場合は、収入が今と同じ程度でも「時間の余裕」について、もしくは「本当にやりたい仕事」を選択できる自由に関するものが多いのではないでしょうか?

しかし、転職を考える際に最も重視しなくてはいけない事は、「次の職場、または仕事が自分に合っているか、必要とされるキャリアを自分自身が持っているか」という事です。

採用側視点を考えることの重要性

これは採用側の企業でもまったく同じで「この人は我が社に会っているか、必要なキャリアを持つ人材であるか」という事を重要視しています。

転職において、最も失敗しやすいポイントは採用条件ではなく、採用後の働き方である事を知らない人が、せっかく再就職した会社もすぐに辞めてしまうリスクをはらんでいます。

ようするに、初めに自分が納得した収入条件であっても、人と人、仕事とスキルが合わなくては働き続けることが困難なのです。

また、早期離職を繰り返す経歴の履歴書は、今後自身のキャリアの足枷にしかなりません。

採用する企業側にとっては、社員一人の採用は本当に死活問題です。

単に1時間当たりの時給分の損害ではなく、必要なスキルを持った人間を雇ったのにその人間が辞めてしまっては、そのスキルアリキで進めていたプロジェクトに穴をあけてしまう可能性があり、またそのしわ寄せは他のスタッフにも及びます。

労働条件の悪化はさらなる離職を生みますので、結果的にたった一人の社員が抜けたおかげで大きなプロジェクトの進行を妨げてしまう事にすらなりかねないのです。

転職リスクの減らし方

そんなリスクを少しでも無くす為に企業は様々なアプローチをしていますが、その中でも「お試し」でその会社の仕事をすることができる新しい働き方は、雇用主、雇用される側双方にとって非常に革命的です。

はじめに、再就職の際に転職希望者のネックとなるのは、やはり転職後の仕事についてだと思います。

現在の就職先の仕事をしているうちは、転職を考える企業の業務を請け負う事は物理的に難しいでしょう。

しかしその会社の一般業務を、短時間、短期「業務委託」という形で請け負うことができるとしたらどうでしょうか?

1ヶ月前後の短期案件、もしくは1日数時間の短時間業務を一定期間行う事で、その期間中に、就職希望者はその会社の業務や社風、人間関係を内側から見る事が出来ますし、業務をこなせるスキルがあるかどうかについても判断可能でしょう。

そして企業側も同じように、その人材が自社に合っているか、自社で働くメリットはあるかを実際の働き方を見て判断する事が出来ます。

お互いにじっくり腰を据えて付き合う事が出来るかどうかを、この「お試し」期間を使って十分に考える事が出来るのです。

そしてお互いに納得できると判断して、晴れて正式採用という事になります。

この新しい働き方の仕組みは、中途採用と早期離職の問題を抱える企業と、転職希望者のお互いのリスクをうまくできる仕組みとして注目されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA