フリーランスで採用されるために必要なこと。その2


フリーランスでの採用人事(中途)の仕事は、基本的にはベンチャー企業に優れた人材を入社させるための仕事をするものです。フリーランスというのは、時間に縛られずに仕事をすることができる職業なので採用人事(中途)にはあまり馴染みませんが、様々な種類の仕事があるので、フリーで働いている人の中には採用人事を得意としている人もいます。
ベンチャー企業は企業自体の寿命はあまり長くはありませんが、技術を磨くことができる貴重な場所でもあるので、人員を募集すれば必ずたくさんの応募があります。世界的な企業も元々はベンチャー企業だったので、小さな企業でも将来的に大きな組織になる可能性を秘めています。
フリーランスで働いている人は、人付き合いや社内のルールなどのような制約に従うのが難しいというイメージが強いので、企業の面接を受けても採用されないことも考えられます。

しかし企業のあり方や働き方が大きく変化している日本で、今までのように学歴や職歴だけが採用の条件であり続けることはデメリットしかないので、今後はフリーランスとして技術を磨いている人材の活躍の場が増える傾向にあります。
フリーランスで困るのがクレジットカードを作れないことや、銀行からの融資を受けるのが非常に難しいということなので、一時的にベンチャー企業などに所属をして、ローンを組んでから自由な仕事をする人も少なからずいます。

採用人事(中途)において、フリーランスの扱いは、決して良いとは言えませんが、上手に技術力をアピールして、会社に対してどの点で活躍できるのかということをしっかりと伝えることができれば、採用に一歩近づける可能性もあります。
フリーランスとベンチャー企業はどちらも比較的新しいイメージを持つ言葉ですが、既存の企業に比べると安定感に欠けているので、プログラミングなどの技術を磨くことで社会に貢献して、企業に認められる人材になることで、採用人事(中途)にパスできる資格を得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA