フリーランスとして必要なスキル~広報~


商品などのPRは、企業の広報部門の仕事であると考えていないでしょうか。たしかに大企業を中心として、広報部門がある企業は少なくありません。
しかしベンチャー企業などでは、広報部門がないところも多くあります。これから自社や商品の知名度を高めていきたいベンチャー企業にとって、広報は非常に重要です。
それにも関わらず、広報部門がない場合はどうしたら良いのでしょうか。その答えの一つがフリーランスへの依頼です。
広報の仕事は他の仕事と比べて、感性の影響がとても大きいです、感性は生まれ持った部分が大きいので、効果的なPRを行える人物を見つけるのは簡単なことではありません。
有能な人物であればフリーランスであったとしても、評判が広がっていき、多くの依頼を受けられるようになります。

多方面から仕事を受けるということは、世間のトレンドに常に敏感でなければなりません。
企業の従業員として担当する場合は、その企業の分野にのみアンテナを張っていれば良いです。しかしフリーランスの場合は、どの分野の依頼を受けても良いように準備しておく必要があります。

仕事を選べないうちは、自分が全く興味のない分野の仕事を引き受けることも少なくありません。内容だけでなく、対象となるメディアも多種多様であるのが大きな特徴です。雑誌やポスターといったアナログなものから、Webサイトのようにデジタルのものまで幅広く扱えることを要求されます。メディアごとのメリットやデメリットを把握して、最大の効果を生み出すスキルを習得するのが望ましいです。
一般的に企業の広報部門の場合は、ライターやデザイナーなど役割を分担して一つの作品を作り上げます。

しかしフリーランスの場合は、ほとんどの役割を担当するケースが多いです。そのため、さまざまなスキルや知識を身に付けておく必要があります。仕事を受注するための営業活動や、複数の仕事を進めるためのスケジュール管理なども行わなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA